エレベーターの安全性を高める!エレベーターの保守点検
ロゴ

エレベーターメンテナンス・保守の必要性について

エレベーターの種類

車いす専用エレベーター

車いすを利用している人だけに配慮したエレベーターです。階数ボタンは、手が届きやすいように低く設置されいて、手すりが付いています。また、かご内に鏡を設置することで、車いすの乗り降りの確認が出来やすいようになっています。

寝台用エレベーター

寝台用エレベーターは、病院や養護施設に導入されています。かご内にベットを置いて運べるように、奥行き方向のスペースが広く取られています。

老朽化したエレベーターはリニューアルがおすすめ

メンテナンスや保守点検を行っていても、エレベーターには寿命はあります。近年は、新しい技術の発達で省エネや安全性が向上しているので、エレベーターも時代とともに、新しくリニューアルをすることをおすすめします。リニューアルすることによって、コスト費用を下がり節約が可能です。

エレベーターの安全性を高める!エレベーターの保守点検

男性

エレベーターの寿命とは

エレベーターの寿命は、法定償却期間で17年です。マンションは、商業施設よりも動く回数が少ないので、30年ほどの耐久性も持っています。また、部品によっても異なります。ロープ式は7~10年、巻上機は10~15年です。マンションの大掛かりな修繕を行う場合、30年を超えて考える場合が多いので、法定償却期間で17年を過ぎても放置していることが多いです。

更新について

エレベーターの機械設備のトラブルは、必ず起こります。最初のメンテナンス・保守点検を行ってからの3年以降は、トラブルは少ないです。次に摩耗期と呼ばれる時期は、摩耗が大きくなるので事故が起こりやすくなります。エレベーターの更新は、劣化の早い部品を交換の場合だったり、機械室の制御機器を更新する場合などを目安にしています。

広告募集中