エレベーター向け!保守とメンテナンスについて
ロゴ

知って得する!エレベーター保守からコスト削減

エレベーター向け!保守とメンテナンスについて

エレベーター

業者へ交渉するときに大事なことは

ビルメンテナンスの費用で一番コストが高いのは、エレベーターの保守費用ではないでしょうか。コストが高い理由は、メーカー系メンテナンス会社が設置と契約を一緒に取っているためです。しかし、交渉で安くしてほしいと頼んでもなかなか上手に下げることは出来ないでしょう。安くするためには、その価格の妥当性を示す材料を用意しなければなりません。

独立系会社のメリット

最近は、独立系会社が増えてきました。内容は、主に保守業務だけを専門に行っています。メリットとしては、メーカーよりも低価格の設定になっているので、こうした価格の見積もりは、交渉の時の大きな武器になります。

メーカー系を継続するときの交渉

メーカー系を会社と交渉するときは、他の保守会社を何社が見積もりを提示してください。「他の会社では低価格で点検をしていますよ」とか「そこの会社と同じような内容で作業してくれたら継続を考える」などと伝えることも大切です。

一般的な独立系のイメージとは

最近では、メーカー系よりも独立系が、低価格というイメージがついているようです。なので、メーカーへ交渉するときは、独立系の見積もりを見て、価格を下げてもいいなと思われることもあり、一割下がる可能性もあります。

コストを下げる戦略とは

マンションのコストを下げる戦略を成功させるには、エレベーターの保守点検の妥当性がある価格を用意しましょう。次に点検内容を確認し、法令に必要な部分をカバーしながら無駄を省きましょう。交渉する時は、オーナーよりも建築専門家に依頼した方が低価格で話しがまとまりやすいのでおすすめです。

広告募集中